Cosme Freak

コスメオタクがコスメをつらつら語るページ

30代の毛穴・シミ・キメ・たるみなど美肌効果があったスキンケアのまとめ(The ordinary ジオーディナリーがおおめ)

以前紹介した効果のあったスキンケア

 

www.cosme-freak.work

 の最新版まとめです♪細かい効果などを追記しています。

費用対効果としては40代からは皮膚科でレーザー照射した方がコスパいいかなとは感じています。

30代前半ならホームケアから始めてみるのでも良いかもしれないです。わたしはスキンケアオタクなのでたくさん試したかっただけです🤣

 

これまで使ったスキンケアたちの効果のBefore Afterさらします!グロ注意

Beforeは本格的なスキンケアを開始した今年の1月のもの。画像を見ると、ほんと自分の肌がこんなに汚くなったの?!っていう大ショックを思い出して吐き気がする💦グロ注意です!!!

Before 左、 After 右

f:id:atenami:20190708225657j:plain
Afterは7月に撮影したものです。シンプルスキンケアに変えてるから最盛期に比べるとちょっとハリとか透明感は物足りないけど、本人としては十分です。

課題はまだあるものの自分でいうのもなんだけど、かなり毛穴がひきしまったし、肝斑もけっこう消えたし、だぶん小さいシミも消えたし、肌のキメが整ったと思います!自画自賛!🤣

スキンケアしまくって効果あったものまとめ↓

ここから効果のあったアイテムを紹介します。

毛穴に効果あったもの

AHA,BHAピーリング

私はThe ordinary(ジオーディナリー)のAHA30%,BHA2% 通称血みどろピーリングを使いました。ちなみにAHAはフルーツ酸といわれるいろんな酸の総合名称、BHAはサリチル酸です。BHAの方が毛穴に浸透しやすいので、毛穴の悩みがある人はBHA配合のみのものでも効果ありです。

f:id:atenami:20190907211421j:plain

もっと濃度の低い、乳酸10%でコットンパックでも白い角栓が毛穴吸引機でとりやすくなるのでおすすめです。

Lactic Acid 10%

 

f:id:atenami:20190502231129j:plain

黒い酸化した角栓になると、その存在が色素沈着を引き起こす引き金になるらしいので、まずは簡単にとれやすい白い角栓の時に除去するのがおすすめです。というのも、わたしも毛穴の汚れはだいぶとれたのですが、やっぱり色素沈着が残ってて、それはレーザーでしか対処出来ないかな〜という黒さのものもあります。薄茶色くらいならビタミンC誘導体でちょっと薄くなるかもです。

毛穴吸引機

わたしはAmazonで3,000円くらいで買いましたが、なんでもいいと思います。オイルクレンジングのあとでもそこそこ吸引出来ますが、酸のコットンパックかピーリングあとだとモリモリとれるので大変おすすめです。

 

毛穴吸引器 Vorally 毛穴クリーン 黒ずみ吸出し 6種類の吸引ヘッド 5段階吸引力 USB充電式 LED液晶面付き 毛穴汚れ 角栓除去 たるみ改善 男女兼用 (ホワイト)

 

ピーリングだけより、断然ダブル使いが毛穴の汚れがとれますよ♪

ナイアシンアミド10%

わたしはThe ordinary(ジオーディナリー)のを使っていますが、Revolutionのそっくりさんでも効果があると思います。日本でもナイアシンアミド配合のクリームなどなどがシワ改善や美白のクリームとして売られています。そうなの、万能なのナイアシンアミドさん。

ナイアシンアミドはビタミンB群の一つでメラニンの過剰な表面化・ターンオーバーの促進・コラーゲンの生成の促進。水溶性ビタミンなのでイオン導入(日本のものがおすすめ)がおすすめですが、そのまま塗ってもそれなりに効果は感じるかも。

わたしは毛穴に一番効いたな〜と思いました。

ナイアシンアミド10%

f:id:atenami:20190502231324j:plain

 ビタミンC誘導体

APPSが勝手に真皮まで到達するので楽でおすすめです。わたしはトゥベールのものを使ってますが、APPSであればどれでもいいかな〜と思ってます。

 

もし美顔器がを持っていて、薬品の取り扱いがメンタル的にOKな人はアスコルビン酸を買って精製水で溶かしてイオン導入がベスト。

まずアスコルビン酸はめちゃくちゃ安い。メーカーのキロ単価800円くらい。一方でAPPSは新規原料だからキロ単価50万円くらいだったかな・・・

そしてアスコルビン酸って分子量が150くらいだったかな?水溶性だから肌に入らないだけで、イオン導入するなりすれば余裕で入っていきます。

一方でビタミンC誘導体は油に溶ける機能をもたせたため分子量が500くらい。なのでお肌に入るぎりぎりの大きさ・・・かつ、誘導体なので変換率を考えるとけっこうな濃度が必要だし、実際に肌にどういう形で使われるか追い切れてないようです・・・

実際のところ、肌や体内でどうビタミンCが浸透され移動するのかは、東大かどっかの研究室が調べてるからちょっと待ってね!

APPSの原料メーカーHPにてAPPSが擬似皮膚細胞にどう影響を及ぼすか、や、モニターの結果を出しているので、とりあえず化粧品は効かないってぜひこのデータを見てー!↓

ちなみにアプレシエはAPPSの商品名です。

www.sdk.co.jp

気になる原料は原料メーカーさんのHPを見た方がわかりやすいです!なぜなら原料メーカーは薬事法関係ないので書きたい放題ですので。

肝斑・シミ・トーンアップに効果あったもの

トラネキサム酸内服

わたしはトランシーノを使ってました。Lシステインやらアスコルビン酸やらなんやら適当に他の成分も入っているので、それも効果があったと思います。

 

 美容皮膚科で処方されるのはトランサミンというトラネキサム酸のみ配合のものです。肝斑は日本だと保険内治療も出来ると聞いたので皮膚科に行ってみるのもいいかもしれないです。

Resveratol,Ferulic acid

レスベラトロールは赤ワインによく含まれるポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。内服では効果があると知られているのですが、経皮摂取で効果があるかは謎・・

フェルラ酸もポリフェノールの一種で米ぬかにたくさん含まれています。ちなみにこれは日本発の原料。0.5%くらいの経皮投与でも効果あるらしいです。個人的にはこっちだけで充分な気も🤣でもThe ordinary(ジオーディナリー)の安いしでこれ使ってる

レスベラトロールとフェルラ酸

f:id:atenami:20190505230604j:plain

 

抗酸化、紫外線吸収性、光保護作用があるようなのでわたしはThe ordinaryのものを使っていますが、毎朝使用して効果を感じるのに2ヶ月くらい必要でした。でも効きます。確実にトーンアップします。乾燥も刺激もないので敏感肌さんにはビタミンCよりおすすめ!

ビタミンCかビタミンC誘導体

還元作用によってメラニン生成を遅延させる作用(メラニン生成過程での還元作用)、メラニンそのものに対しても還元効果によって黒い色を淡色化する作用あり。なので目に見えないシミにはかなり効くので、顔のくすみとかに効果絶大です。

肌のキメ・ハリに効果あったもの

アラトイン

キュレルの美容液を使っている時にやたら肌の調子が良かったんですよね・・・そりゃそうです。抗炎症・抗刺激・抗アレルギー作用や角質細胞増殖促進作用のある医薬品のアラトインが入ってましたもの。セラミド擬似物質より、絶対こっちの方が効果あった🤣

 

アラトインは羊の羊膜から発見された成分。やっぱり羊膜とか胎盤とか効くのね〜。

ビタミンCかビタミンC誘導体

真皮近くまで到達するとコラーゲンの生成を促進します。たるみ毛穴などは断然ビタミンCかビタミンC誘導体がおすすめ。

肌の元気に効果あったもの

EGF

わたしは簡単に入手できたrevolutionのを使ったけど、日本や韓国のもっといいやつの方がいいかも🤣これ単品だと正直、効果はよくわからなかったのだけど、ペプチドとかアミノ酸と組み合わせるとなぜか翌日の肌に元気を感じたので相乗効果があるのだと思われる。

f:id:atenami:20190708232127j:plain

と思ったら、ちらっとFGFとプラセンタは相乗効果があるっていう医学論文みつけたし、まあなんとなくEGFとプラセンタも相乗効果があるよね〜みたいな風潮があるみたい。

ちなみにプラセンタはアミノ酸・ペプチド・脂質・ビタミン・核酸etc..ごった煮の総称です。メラニン生成抑制作用、角質融解作用、組織の代謝促進作用などがあるといわれているのですが不明な点も多いとのこと。なんでかよくわからないけど効きます。

その他・小ジワなど

レチノール

丸顔でパツパツのため使う機会がないのですが、レチノールが一般的に小ジワに効くとされています。The ordinaryだと格安で高濃度のレチノイドが手に入るのでおすすめです。